ぎんさんマインド

いち弱小エンジニアの思考とか趣味についてつらつらと書いてみるかもしれない。

ダイエット生活第2週目

これからは日誌のように日々の状態を綴って行こうかなと思う。

 

月曜日

会社の付き合いでお昼ラーメンを食う。体重計に乗るのが少し怖かったが、増えなくてよかった。

今日から筋トレとランニングを始めるようにする。身体を作るために少しづつ、続けることを意識する。

 

火曜日

夜に前日買ったメロンパンを食べる。昨日に引き続きランニングと筋トレを行う。毎日行うためにジャージを何着か増やした。

体重は昨日から変わらないので。急激に下がらなくなって来たと感じた。

 

水曜日

ようやっといくらか体重が減る

仕事が忙しく、腹が減ったので昼にパンとパスタを食った。

筋トレとランニングを日課にし初めて慣れてきた。これからも続けていきたい。

 

木曜日

やっぱり停滞期のようだ。体重があまり減らなくなった。

食事は前日買ったメロンパン一つ。

ランニングも物足りなくなってきたので、明日からスピードをあげるか長く走るようにしたいと思う。

逆に筋トレは飽きてきたので、何か面白くなる方法を考えたい

 

金曜日

体重はあまり減らない。まぁ気長に進めて行こうかなという気分

食事はきゅうり

ランニングのスピードを上げてみた。これからも継続していきたい

筋トレが面倒になってきたので、映画とか動画見ながらやるようにした。それなりにやる気は出るようになった。

 

土曜日

体重が少しづつ下がってきた。食事のせいか、単に停滞期を抜けたか。要調査。

休日だし少し多めにランニング。まぁ昔からの経験上それですぐに体重が減るわけではないのはわかってる。

筋トレはいつもの通り、多くやりたいほどやる気が出ないのがなんとも…

 

日曜日

体重が落ちてガクッと落ちた。まぁこうやって少しづつ減らしていけたらなという感じかな。

今日はもやしを食べた。カロリーが低いのとタンパク質がそれなりにあり、量が食えるので、たくさん食べたい時とかに利用しようかなと思った。他にもキャベツやセロリ、グレープフルーツとかも良さげなので、飽きてきたら試そうかなという感じ。

レーニングはいつも通り、基本的に面倒くさがりなので多めにやりたがる工夫を考えたいところ。

 

 

Keep

  • 先週から始めたし現状はなし。

Problem

  • 停滞期への対応。
  • 食事の安定化。
  • 運動のマンネリ化 多くする方法

Try

 

その他 

f:id:ImpureSilver11:20190317191815j:plain

今週で-2.5kg、全体だと-7.4kg。落ちなくはなって来たけど、想定通りという感じ。

 空腹時に運動すると筋肉が減るらしい?まぁ変に生活が変わるわけでもないので、普段は飯食った後にでもトレーニング挟もうかな。

 毎日の食事を安定させたい。とりあえずローカロリーのものから、だんだんと食生活を日常レベルに戻す。というのが今後の目標

 社会人だし、どうしても人付き合いで飯を食うときもある。一応飯も買ってあるんだけど、そういう時はどうしようかなという感じ。

 

ダイエット生活第1週目 ~ 今後の方針とか ~

 

f:id:ImpureSilver11:20190310211102p:plain

再生回数が順当に増えていってます。

 

間違えました。

痩せる宣言をしてから5日ほど経って最初の日曜日がきたので途中経過等書いていこうと思う。

これからは毎週日曜に経過をここで書いていけたらいいなー思う。

毎週KPTを回しつつ改善していく方針。

なぜ日曜日かといえば、休日は生活が変わるので外食しやすく太りやすいので、戒めのためのような感じ。

自分の見栄っ張りな点をうまく扱いつつこのタイミングで書いていったほうがいいかなーと思った次第。

 

f:id:ImpureSilver11:20190310210808j:plain


 

で、現段階では-5.2㎏くらい。

 

5日でこの痩せ方は普通ではないと思う。スポーツマンの減量とかってこれくらい急激に痩せるのだろうか?

まぁなんでかといえば、この5日間ほぼ食わなかったということだけれど。

通常ならこういうことはあまり良くないとは思うけれど、今の自分はかなり体重も増えて胃袋も大きくなっているので、それを小さくしたいという意味合いもある。

これをずっと続けるつもりはないし、そんなことしたって意味ないことはわかるので適当なところで切り上げて、今後は運動量と食事量を均等に上げていく、体重は筋肉量と相談しつつ減らしていく、そして体重筋肉量運動量食事量を適当な値にしたらダイエットdoneという感じでいきたい。

 

そのための参考として

運動不足エンジニアが3ヶ月で健康になれた超簡単な取り組みを解説する - paiza開発日誌

不健康エンジニアが3ヶ月だけ食事に気をつけたら心も体も健康になれた話 - paiza開発日誌

はよく考えて見ていきたい。あと、

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E-%E2%80%95%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%8F%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7Hack-Joe-Kutner/dp/4873117283

この辺とか買って読みたいなー

 

ただ読むだけではなく、自分の考えるダイエット論を更新していきたい。

正直今の考えはまだまだ稚拙なところもあるのでうまいこと合わせていきたい。

 

まぁただこれは、100人いれば100通りのやり方があると思うので自分をオリジナルのもの見出さねばならない。人から言われたことなんて必ず成功なんてことはない。特に自分ほど太った経験のない人の「こうすれば痩せる」は基本うまくいかない。これは経験論。

 

なので、考えながら痩せて行こうかなという意識表明を示したところで、今週は終わり。 

vueの単一コンポーネントファイル内のcssが読み込めなかった。

少しつまづいたのでメモ程度に

普段はrails使ってるけれども、webpack4系が使いたくなったのでちょっとサーバーレスでvue書いてみて、慣れようかなーと最近やってます。

基本webpackerばかり使ってたからwebpackのお勉強も兼ねてやってるんだけれども、慣れてないせいかうまくいかないことも多い。

特にバージョン違いで入れるもの入れないものが結構異なってきて、そこでつまづく。

 

ネタバレだけど、タイトルの件もそのうちの一つだった。

とりあえず環境の構築として、github pageにSPAでデプロイしようかなーと思い

qiita.com

この辺を参考に進めてた。

"@vue/test-utils": "^1.0.0-beta.29",
"css-loader": "^2.1.0",
"gh-pages": "^1.2.0",
"jest": "^24.1.0",
 
"vue": "^2.5.17",
"vue-loader": "^15.6.2",
"vue-lodash": "^2.0.0",
"webpack-dev-server": "^3.1.14"
"vue-router": "^3.0.1",
"vue-template-compiler": "^2.5.17",
"webpack": "^4.17.1",
"webpack-cli": "^3.2.3"

一応入れたものはこの通り。( GitHub - ImpureSilver11/othello: GitHub Pages Sample. ここで作ってる。)

で、書いていたらbuildするときに

ERROR in ./src/pages/Home.vue?vue&type=style&index=0&lang=css& (./node_modules/vue-loader/lib??vue-loader-options!./src/pages/Home.vue?vue&type=style&index=0&lang=css&) 74:0
Module parse failed: Unexpected token (74:0)
You may need an appropriate loader to handle this file type.

 って怒られた。

まだvueよくわかってなかったからメッセージの読み方もよくわかってなかったけれど、色々調べてみると、

vue-loaderの14系と15系だとstylesheetの読み込み方が違うみたいね。

https://vue-loader.vuejs.org/migrating.html#notable-breaking-changes

これの通りにwebpack.config.jsに下のruleを追加した

module: {

 rules: [

  {

   test: /\.less$/,

   use: [

    'vue-style-loader',

    'css-loader',

    'less-loader'

   ]

  }

 ]

}

で、見てみると、vue-loader@15系だとstyleは.lessとして読み込まれるのかな?で、私の場合はless-loaderがなかったので、その辺で怒られてたと。

 

そもそも普段scss使ってて、lessとか知らなかったよ…

もうちっとフロントに強くならんとなーと思う_(:3」∠)_

RIDDLE JOKER面白い

たまには大人な記事も書く書く。

 

この前丁度見つけたのでRIDDLE JOKERを見つけたので買った。

まだ一年経ってないしそんな古くもない気もするけど、それなりに買うのに時間がかかった。

 

というのも夏ぐらいにエロゲやりたいなーって時があって、RIDDLE JOKERとDRACU-RIOT!のどっち買おうかなーって悩んでたんだけれども、RIDDLE JOKERの発売後の評判見て、なんだか微妙みたいなことが聞こえてきたから、じゃあDRACU-RIOT!買おうかなーってなって、夏はそっちやってた。

私はゆずソフトはサノバ辺りの時期からやってたけど、どの作品も尊さがやばいよね。

 

今回のRIDDLE JOKERは特にキャラクターが良い…

一応謳い文句として三司さんの偽乳がーみたいなの言われてて、そこには魅力を感じてなかったんだけど、それよりも三司さんのキャラが良い。大正義さわさわさわさんの声良すぎて、お気に入りボイスがどんどん埋まる。ツッコミできるキャラは強い。面白すぎる。エロシーンでも笑わせてくるのはほんと卑怯だと思う。

www.nicovideo.jp

この動画もいいけど三司さんルートも良い、なんでも話せる友だちから恋人になる流れはキュンキュンくる。

 

 

三司さんだけでなく、他のヒロインも良い…

千咲の可愛さなんか特にすごい…(語彙力)

いひひ♪を無限に聞いていたい

nico.ms

 

なんだか普通によくいる女の子みたいな性格のキャラが多い感じがして、個人的にクる子が多かった。

 

可愛すぎて学生時代に戻りたくなった。

今はもう学生に戻れないことに気づいてやむくらいにハマってる。

多分この先1,2週間ぐらいは頭の中がお花畑になってると思う。

やっぱゆずソフトは最高やな…

Railsのwebpackerがつらい

前々からRailsでなんか作ろうかなと色々やってきた。

とりあえず、Railsだしherokuに簡単なものデプロイする想定で考えた時、フロントの作り方どうしようかなって考える。で、フロントやりやすくするためにwebpack入れようとなるけれど

GitHub - rails/webpacker: Use Webpack to manage app-like JavaScript modules in Rails

Railsにはwebpackerがあるので入れて見るけど、これがなかなかつらい。

impuresilver11.hateblo.jp

impuresilver11.hateblo.jp

と色々つまづいてきてとてもつらい気分になった。

結局この後herokuにデプロイできなくて色々試してみて

最終的にwebpackをv3にすることで、なんとかうまくいった。

 

まぁこの後色々調べてみたけれど、webpack4の対応が2018年5月で未対応のようで…

blog.euxn.me

 

その後一応対応するようになったようだけれど、私がたくさん踏んだようにまだつらいところ多く、安定して使うならwebpack v3で利用するのが吉のよう…

 

でも流石に今v3使うのもなーって考えると、Railsでwebpackerは避けるべきなのかな。

とすると、Railsのフロントはどうするべきなのだろうか。

 

私もまだRailsしてから4ヶ月くらいで、まだまだ知らないこと多いので良い選択肢が思い浮かばないけれど、webpacker入れてるとRailsがやってくれるフロント側のあれそれが邪魔に思えてきちゃって…

やっぱフロントは完全に切り離して、RailsAPI作るだけにしたほうがいいのかな…?

 

rails5.2 + webpacker3.5(webpack4.28) でherokuにデプロイしようとしてエラー返された

qiita.com

この辺を参考にしつつ

webpack入れてherokuにデプロイしようとした時に

 

$ git push heroku master

remote: Running: rake assets:precompile
remote: yarn install v1.12.3
remote: warning package-lock.json found. Your project contains lock files generated by tools other than Yarn. It is advised notto mix package managers in order to avoid resolution inconsistencies caused by unsynchronized lock files. To clear this warning, remove package-lock.json.
remote: [1/4] Resolving packages...
remote: [2/4] Fetching packages...
remote: info fsevents@1.2.4: The platform "linux" is incompatible with this module.
remote: info "fsevents@1.2.4" is an optional dependency and failed compatibility check. Excluding it from installation.
remote: [3/4] Linking dependencies...
remote: [4/4] Building fresh packages...
remote: Done in 36.47s.
remote: rake aborted!
remote: Sprockets::ArgumentError: link_tree argument must be a directory
remote: /tmp/build_***/app/assets/config/manifest.js:2

 

とエラーでてデプロイできなかった。

 

エラー

$ RAILS_ENV=production bundle exec rails assets:precompile

yarn install v1.12.3
warning package-lock.json found. Your project contains lock files generated by tools other than Yarn. It is advised not to mix packagemanagers in order to avoid resolution inconsistencies caused by unsynchronized lock files. To clear this warning, remove package-lock.json.
[1/4] 🔍 Resolving packages...
[2/4] 🚚 Fetching packages...
[3/4] 🔗 Linking dependencies...
[4/4] 📃 Building fresh packages...
✨ Done in 5.65s.
rails aborted!
Sprockets::ArgumentError: link_tree argument must be a directory

remote: /tmp/build_***/app/assets/config/manifest.js:2

 

ちなmanifest.jsは

//= link_tree ../images
//= link_tree ../javascripts. es6
//= link_tree ../javascripts. js
//= link_directory ../stylesheets. scss

別段特別な変更は加えてない(scssにはしたけど)

 

エラー返されてるのがassetsの方だけれど、webpack入れてるからいらないよなーと思いassetsのファイル全部削除、ついでにwebpack入れた時にデフォルトでできるjavascriptファイルをfrontendに修正した。

そしたらうまくいった。

 

エラーの内容とか理由がよくわからんが、もうちょい使い慣れてきたらわかるようになるかな?